カードローンは決して怖くない

l_152

056借金と聞くと負のイメージがあるのですが、融資と聞くと不思議と負のイメージが沸きません。カードローンを利用するにあたって、借金になるのか、融資になるのか、それは利用する側の意思に関わってくるのではないでしょうか。

私は、ある法律系の資格を取得するために、専門学校へ通うと決めたのですが、年間の授業料を一括で支払うことが出来ませんでした。そこで、専門学校と連携しているクレジット会社を紹介されたのですが、そのクレジット会社の分割手数料なるものが、非常に高く、その時にみずほ銀行カードローンを利用させていただきました。

月々決まった金額の返済があり、勉強をしながらアルバイトをするという生活をしていて大変だったのですが、逆に「こんなに苦労して専門学校へ通っているのだから絶対に合格するゾ」という、ポジティブな考えに切り替えて15ヶ月頑張りました。その成果があったのか、見事合格することが出来、その資格を活用して収入を得るまでになりました。

私がカードローンを利用してから約3年で返済も終わりました。もし、資格取得を目指すとき、私は、あの時必要な金額を借入れることが出来たことに感謝しております。

急に現金が必要になった際に大阪のアコムのカードローンを行った体験談

大阪のカードローンをアコムで利用体験しました。私生活では電子マネーやクレジットカードを多用しているため、現金を持ち歩く習慣が殆どありません。そのため、急に多額の現金が必要になった際は対応に困ったこともありました。

親戚の葬儀が行われると連絡を受けた日は給料日の直前だったため手持ちの現金が無く、口座の預金も公共料金の支払いに使用するので使う事ができません。そのため、急いで現金を用意するため大阪のアコムのカードローンを利用しました。

消費者金融のカードローンを利用するのは初めてだったため、手続きの方法や融資を受けられるか不安でしたが、窓口で解り易く説明をしてくれたので手続きをスムーズに行う事が出来ました。

融資を受けるための審査にかかる時間も短く、申し込みを行ったその日のうちに希望した金額の融資を受けることができました。葬儀への参列も滞りなく終了し、給料が振り込まれた後に全額を返済しました。

金利の詳細も公開してくれるので、必要な支払い額が明確になるのも便利に感じました。計画的に利用することで毎日の生活がより便利になるので、これからも不測の事態に備えて家計を圧迫せずに返済できる金額の範囲内で利用することを考えています。

大阪のアコムのカードローンの申し込みは身分証を提示するだけで済み、審査が終了して実際に融資を受けるまでの時間も短く、すべての手続きが申し込んだその日のうちに終了したのがとても便利でした。返済は窓口で一括返済を行いましたが、月々の分割返済も選択可能だったのが良い点でした。


おすすめ優良情報
レイク審査

親が会社を廃業して離婚するらしい

あなたにお金が貯まらない10の理由 | P O P * P O P

http://e-zeirishinavi.com/

なるほど!au

Business Media 誠:モバイルSuicaで新幹線!に乗ってみた(9個の疑問編…

消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いは

消費者金融でカードをつくってキャッシングするのと、クレジットカードのキャッシング枠を使うのでは、違いはあるのでしょうか。どちらも無担保で融資してもらえ、手数料は年利18%程度です。

一つ目の違いは、クレジットカードでは新たにカードを作らなくても、審査を申し込まなくても、限度枠内のキャッシングができるということです。一枚でクレジットもローンもできてしまうのですからとても便利です。カード会社ではそれまでのクレジット利用実績を信用担保にしてキャッシング枠が設定するのです。

二つ目の違いは、消費者金融では条件により、おまとめローンなど、数百万円のまとまった融資も可能ですが、クレジットカードでは限度枠は数十万円と少額なことが多いです。
このことから、もし手持ちのクレジットカードで融資を利用できるならば、そちらを利用するほうが改めて申し込みも審査もいらないのでとても利用しやすいと言えます。

三つ目は、家人に知られたくないという時にもクレジットカードは有効です。消費者金融が差出人ならばまず借金と思われてしまいますが、いつものクレジット会社ならば郵送物でも電話でも家人には怪しまれないでしょう。また、クレジットカードのキャッシング枠を超える金額の融資を考える時には、消費者金融からの融資が候補になるでしょう。

学生や専業主婦でもカードローンは可能です

カードローンガイド一般的にカードローンは、安定した収入のある人しかおこなうことができません。特に銀行は審査が厳しいため、無職の人が融資してもらうのは困難です。

また消費者金融では、総量規制という法律があるため、年収の3分の1以上のお金を借りることは法的に不可能です。つまり無収入の人は1円も借りることができないのです。しかし逆に言えば、収入がありさえすれば基本的に誰でもカードローンは可能だということです。

派遣で働いている人やフリーターはもちろん、学生でさえアルバイトによる収入があればキャッシングをすることができます。

専業主婦に関しては、カードローンの利用を可能とするかしないかは、金融機関によって異なります。
専業主婦は、配偶者に収入があるからこそ自身が働きに出ずに生活できているわけですから、そういう意味では家庭としては安定した収入を得ている状態であると言えます。ですから金融機関によっては、その配偶者の給料明細書や源泉徴収票などの収入証明書を提出することで、専業主婦であっても融資してくれるわけです。

中には、配偶者の収入証明書を出さずとも融資してくれる金融機関もあります。もちろん学生であろうと専業主婦であろうと、他社での借金の返済をひどく滞らせている場合には、新たに借り入れをすることはできません。
安定した収入を得ているかどうかも重要ですが、借りたお金を返すという意思を強く持っているかどうかも、カードローンをする上ではチェックされるのです。

カードローンを有効に活用する事が大切です

生活する中で急な資金が必要な時には、カードローンを利用する事ができます。特に最近のキャッシングは審査のスピードが早く、審査の状況次第では即日に融資を受ける可能性も十分にあります。

もし給料日前に何らかの事情でお金が不足する際には、まずはカードローンをして給料日後に返済する方法が取れます。その場合には給料日後に完済できれば、利息負担は最小限に抑える事が可能です。
中には一定期間は利息が不要になる業者もありますので、積極的に活用する価値は大きいです。

従ってカードローンの利用の前には、事前に様々な業者を検討してから選択する方が理想的になります。できれば無利息ローンを実施している業者を選ぶ方が、経済的な負担が少ないです。

一方で審査のスピードも、業者を選ぶ時には欠かせない要素となります。たとえ低金利であっても肝心の審査が遅いと、急な出費に間に合わない確率が高いです。

逆に審査が早ければ、様々なニーズに対応しやすくなります。さらに多くの業者が競争している為、審査のスピードが遅い業者は限られています。その為にスピード面に関しては大きな不安を抱える事なく、安心して申込をする事ができます。

しかもインターネットを通じて申込手続きができる事で、審査の時間も一層短縮される場合が多いです。また支払いに関しても返済シュミレーション等を活用する事で、以前より計画的に返済できるようになっています。このようにカードローンを有効に活用する事が大切です。